歯を白くしたい・・・

■ 歯の黄ばみが気になっている
■ 歯に着色しやすい
■ 年齢とともに黄ばんできた
■ 生まれつき歯の変色がある
■ 神経を抜いた歯が黒ずんでいる
■ タバコのヤニが気になる

というような場合です。

歯の黄ばみ・変色の原因

1.飲食物・タバコによる着色

飲食物に含まれる色素による着色、タバコのヤニによる着色です。
湯呑みやマグカップを毎日洗っているのに、だんだんと茶渋がついて取れなくなりますが、これと同様のことが歯にも起こります。

2.年齢に伴う変化

年齢を重ねるにつれて歯の表面に細かい傷がつき、その内部に変色したり、黄色っぽい色をした歯の象牙質の厚みが増したりすることにより、歯の色がだんだんと濃くなっていきます。

3.薬剤などの影響

かつてよく使われていた抗生剤の影響で、歯の色全体が変色している場合があります。(現在この薬剤は、歯の色に影響が出る時期には使われません)

4.神経を取ったことによる影響

歯の神経を取ると、年月が経つにつれて歯が黒ずんできます。

歯の黄ばみ・変色のデメリット

歯が黄ばんでいたり、変色していたりすると、口元に自信が持てず、消極的になってしまいがちです。

また、「歯が白い方が実年齢よりも5歳若く見える」と表現されたりなど、見た目の若々しさにも多少なりとも影響が出てきます。

 

歯を白くする治療法

◆歯のクリーニング

歯というのは、特に目立った着色などがなくても、だんだんと着色し、黄ばんだようになってきます。歯石のせいで黄色っぽく見えることもあります。

また、もし茶渋やタバコのヤニなどがついていると、より一層、色が白さから遠ざかっていきます。歯石取りや、PMTCと呼ばれる徹底的なクリーニングをするだけでも、歯の白さはかなり蘇ります。

◆歯のホワイトニング

歯のクリーニング後、「まだもう少し白くしたい」という場合には、歯の色そのものを薬剤で白くしていく歯のホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングなら歯を削らず、健康的に歯を白くすることができます。

◆セラミック治療

歯に詰め物がたくさん詰まっている場合や、差し歯自体が変色している場合、歯の形も一緒に整えたいという場合にはセラミックを使った治療がおすすめです。

セラミックは年数が経っても変色しづらいので、美しい白さが長持ちします。

ホワイトニング治療費用

※価格はすべて税込です。

上下セット
33,000円

かぶせもの治療費用

※価格はすべて税込です。

セレック・ジルコニアセラミック
110,000円
セレック・オールセラミック
88,000円
セレック・ハイブリッドセラミック
77,000円

リスクと副作用について(保険外治療)

保険外の治療においては「効果に個人差があったり」「痛みを感じてしまう」「高価である」などのデメリットを伴う場合があります。

そこで、当院ではそれぞれの治療方法について『メリット・デメリット』をご説明させていただいた上で治療を行っています。

ご不安な点などはどんなことでもご相談ください。